社員紹介:先輩社員の学ぶ姿勢に圧倒され、実践的なスキルを短期間で身に着けて成長できる

東京・福岡営業グループ 籾山 昇吾
(2016年 新卒入社)

Q1.ACCSに入社した理由は?

ACCSに入社した理由は2つあります。
一つ目は、会社の理念に共感したからです。

ACCSの理念には『共有する価値観』があります。そして、そのなかには、ファミリズム(Familism) があります。この言葉は、支えあおうとか、全部自分のことのように考えようという意味です。

ACCSでは、士業の経営戦略パートナーとしてソリューションを提供しています。しかし、ファミリズムで考えれば、士業を通じた全国350万の中小企業をサポートしていることにもつながります。
日本全体をサポートするといったら言い過ぎかもしれません。しかしそれぐらい社会的意義のあるACCSに、自己成長の可能性と責任範囲の広さに魅力を感じて入社を決めました。

二つ目めは、一緒に働きたいと思える人がいたからです。

就職活動のときは、企業訪問や会社説明会などで、多くの企業の方とお会いしました。しかし、一緒に働きたいと思ったのは、ACCSの社員と会ったときだけでした。
正直すごいな…と思う人は、他の企業にもいらっしゃいました。そのうえで、ACCS社員の話し方や知識の深さなど、レベルの高さを目の当たりにして、この人と一緒に働ければ自分も成長できると思ったのが入社の決め手です。

実際にACCSに入社してみたら、レベルの高い人だらけだったのは衝撃でした。しかし、そのおかげで、短期間で実践的なスキルが身に付けられ、大きく成長することができました。

Q2.仕事をしていてどんなときにやりがいを感じますか?

お客様に提案したソリューションが成果につながった時です。

私は現在多くの士業のお客様を担当しています。実際にお客様を担当してみると、解決すべき問題はそれぞれ異なります。
そのため、ひとつひとつの問題に対しソリューションを考える必要があるのですが、いつもいいアイディアが浮かぶとは限りません。

そのうえで、何日も考えて提案できたソリューションが成果につながり、「籾山さんのおかげです」と言っていただけたときの達成感は言葉では表せないほど嬉しいです。

お客様からの感謝の言葉や実績がやりがいとなって、より仕事を頑張ろうというモチベーションにつながっています。

Q3.プライベートの過ごし方を教えてください。

オンオフをしっかり切り替えて、プライベートでは自分の好きなことをして過ごすようにしています。
私はアウトドアが好きなので、週末はBBQやキャンプをしていることが多いです。
あとは、最近ゴルフをすることも増えてきました。

また、平日は、仕事終わりに会社の人と食事に行くこともあります。
仕事の話になることが多いのですが、良い情報を聞けたり、良いアイディアが生まれたりすることもあるため、大事な時間になっています。


1日のスケジュール

9:00 出社
9:00-10:00 チームMTG チームのメンバーと現状の数字や案件のフィードフォワード・フィードバック
10:00-11:00 Web会議 他の部門のメンバーと企画会議や顧客情報の共有
11:00-12:00 移動
12:00-13:00 外出先でランチ・資料確認・タスク
13:00-14:00 お客様と打ち合わせ(30名規模 会計事務所 60代)
事務所の生産性向上について、前回のヒアリングを基に考えたソリューションを提案。
14:00-14:30 移動
14:30-15:30 お客様との打ち合わせ(10名規模 社会保険労務士 40代)
人事コンサルティング案件を獲得するための戦略会議。
案件獲得に向けて、営業対象と提案内容を職員の方々とすり合わせ。
15:30-16:00 移動
16:00-17:00 お客様と打ち合わせ(開業前弁護士 30代)
半年後の開業に必要となる準備や目標値のすり合わせ。
18:00-18:30 直帰
18:30-19:30 自宅にて本日のアポイントのまとめとスケジュールの確認。

前のページに戻る