トップ > 社員を知る > システム開発 奈良 俊明

社員を知る

システム開発 奈良 俊明 2012年 中途入社

今の仕事をおしえてください。

お客様に利用していただく社外向けの製品を開発する一方、社内業務のSIサポートといった「攻め」と「守り」両方の仕事をしています。企画から設計、実装、運用まで一貫した開発工程に携わります。また、クラウド、WEB、クラサバシステムなど幅広いジャンルのシステムも構築しています。企画から参加出来るので、自分の出したアイデアが現実となって製品化される、とてもやりがいのある仕事です。

アックスに入社を決めた理由はなんですか。

技術力だけではなく、人間力も高めたいと思ったからです。開発者は製品を作る際、技術や機能面だけを重視してしまいがちですが、それではお客様にとって本当に役立つシステムになりません。お客様に満足していただくためには、コミュニケーションなど人間力が重要だと思います。アックスにはこの人間力を高めさせてくれる企業文化があります。その文化や価値観に共感し、会社とともに自分も成長したいと思い入社を決めました。

今までの仕事の中で一番印象的だったことをおしえてください。

入社してすぐに携わった会員向け紹介管理システムです。いくつものシステムを開発し実績を積んでも、稼動時は緊張します。上司や先輩にサポートしていただき、無事サービスイン出来た時はホッとしました。この開発を通じ、チームのメンバーや他部署とも打ち解けられるようになったため、私の中で一番印象に残っています。

今後の目標はなんですか。

システムを使う全ての人にとって真に役立ち、喜んでいただける製品を開発する事です。利用者にとって経営のサポートとなりビジネスを向上させる製品、アックスにとって利益を生み出す製品、そんなWin-Winの関係が築けるものを開発・提供するのが目標です。その目標を達成するためには、ただ言われたものを作って終わりではなく、何をどう解決、改善すれば良いのか、常にお客様の立場になって考え開発していきたいと思っています。

システム開発 奈良 俊明

2012年 中途入社

社内外のシステム開発に携わる。2013年、新サービス『ハイブリッド記帳代行』システム開発を担当。複数のプログラム言語とデータベースを駆使し、オンラインとオフラインで相互に稼働するシステムを考案、開発。多くの会計事務所に喜ばれている。

※個人情報保護のため、一部名前を変更しています