トップ > 社員を知る > 資産承継コンサルティング 宮城 伸一

社員を知る

資産承継コンサルティング 宮城 伸一 2005年 中途入社

今の仕事をおしえてください。

不動産コンサルティング、資産税コンサルティング、会計事務所M&Aの3つの事業のマネジメントをしています。その中でも特に資産税コンサルティング事業が好調で、平成27年の相続税法改正を控え、これからマーケットが拡大していく有望な事業です。現在、個人・法人の相続問題に取り組む専門家の全国ネットワークである『アックス資産税パートナーズ』の提携先の開拓や、コンテンツの提供に日々奔走しています。

アックスに入社を決めた理由はなんですか。

ベンチャースピリット溢れる企業文化です。「仕事は与えられるものではなく、自ら創るもの」という考え方や、社歴や年齢に関係なく、実績とやる気しだいでチャレンジできる環境に惹かれて、アックスに入社を決めました。

今までの仕事の中で一番印象的だったことをおしえてください。

経営支援をしていたお客様から「自分の人生をあんたに賭けたんや、一蓮托生なんや」と言われたことです。
この仕事をやってきてよかったと思いました。また、お客様を成功させることへの責任を改めて感じました。

今後の目標はなんですか。

現在取り組んでいる資産税ビジネスを国内No.1の全国ネットワークにすること。
一般企業向けM&A事業を立ち上げること。
そして、アックスコンサルティンググループの次世代を担う幹部社員を、資産承継コンサルティング事業部から輩出すること。

資産承継コンサルティング 宮城 伸一

2005年中途入社

2006年最優秀新人賞を受賞。入社1年7ヶ月で年間売上トップになる。2007年、大阪支社開設に支社長として携わり、西日本の拠点立ち上げを行う。2010年には、東京本社にて「アックス資産税パートナーズ」を顧客開拓とサービス拡充の両方を担う責任者としてスタートさせる。2012年、部長に就任。現在は不動産部門、資産税部門、M&A部門の3部門を統括している。2014年、執行役員に就任。

※個人情報保護のため、一部名前を変更しています