トップ > 社員を知る > コンサルティング営業 秋田 勝彦

社員を知る

コンサルティング営業 秋田 勝彦 2008年 新卒入社

今の仕事をおしえてください。

会計事務所に向けた課題解決の提案、営業を全国各地幅広い範囲で行っています。
特に「新規のお客様を獲得したい」というご相談を受けることが多いです。
そのような新規顧客の獲得について、最新の情報を提供する為に、毎月セミナーの企画や主催も行っています。
事務所の場所、規模によって異なる課題がありますが、そのお客様がやりたい事、そこに向かっての課題を共有し、一緒に実現させていく為の信頼関係を築くことが重要な仕事になります。
4年目からは部署を持ち、会社全体の成果を上げるためにマネジメントの業務も行っています。

アックスに入社を決めた理由はなんですか。

チャレンジできる環境と、先輩社員の雰囲気です。自分が成長できる環境、チャレンジできる環境を求めていました。採用選考の際に、入社3年目の先輩がお客様の前で堂々とセミナー講師をしている姿が印象に残っています。書籍の企画プロデュースをしている先輩もいて、自分も大きなチャレンジをしたいと思いました。
実際にアックスで働くようになり、同期、後輩が新しいチャレンジをし、会社、お客様に大きな影響を与えている事が、とても刺激になっています。

今までの仕事の中で一番印象的だったことをおしえてください。

入社4年目に名古屋支社開設に携わり、 名古屋支社長に就任しました。
新しいチャレンジに向けてやる気が満ち溢れてきたと同時に、会社を代表してお客様と接するという責任感を
あらためて強く意識するようになりました。
開設時に100名規模開設記念フェアを企画したり、毎月のセミナー講演を通じて、新しいエリアの開拓を行いました。 それまでアックスを知らなかった多くの会計事務所のサポートを行い、喜んで頂けた事がとてもやりがいとなりました。

今後の目標はなんですか。

「経営者の夢の実現をサポートしたい」と考えている前向きな会計事務所の先生を支援していきたいです。
会計事務所が何をサポートしてくれるのか、そのメリットを知らない経営者は、まだまだ多くいらっしゃいます。
経営者にとっての会計業界全体のポジショニングを高めていきたいです。その為に、会計事務所の新しいサービスコンテンツを企画したり、より多くの会計事務所の先生と接点を持てる環境をつくりたいと考えています。

コンサルティング営業 秋田 勝彦

2008年新卒入社/早稲田大学大学院理工学研究科卒

入社以来、コンサルティング営業として、全国の会計事務所をサポート。2010年、異例の入社23ヶ月で社長賞を受賞。2011年、主任職に昇格し名古屋支社長として、支社立ち上げに尽力。2012年より東京営業所所長として、営業部全体を統括。2013年、課長に就任。2014年、部長兼執行役員。

※個人情報保護のため、一部名前を変更しています